カードローンの過払い金とは|自営業カードローンOK

カードローンの過払い金とは

書類を広げる男性

現在新規にカードローンを利用するときに適用されることはありませんが、平成22年に出資法が改正されるまではグレーゾーン金利と呼ばれる金利が存在していました。

これは利息制限法の上限である15%から20%の金利を超え、出資法の上限である29.2%を超えない金利を指します。
法改正によって出資法の上限金利も20%になり、それ以前に利息制限法の上限を超える金利で貸し付けを行ったものについては金利の超過分を過払い金としています。
これは返還請求を行って取り戻せます。

 

過払い金の返還請求を行う場合には注意点があります。
この請求権は最後に返済を行ってから10年間で失われてしまうため、完済している場合は早めに請求しなければなりません。
その金融業者が倒産した場合も取り戻せなくなります。
請求を行う状況によってはブラックリストに載ることもあります。
完済した借り入れに対する請求では危険性はありません。

 

しかし、返済中の借り入れに対する請求では債務整理が発生するためブラックリストに載り、今後のカードローンの利用に影響します。
ただし、過払い金請求によって残高が0になった場合はこの情報は削除されます。
しかし、これは請求が決着し、その後金融業者が個人信用情報機関に連絡するまで一時的に載った状態になります。

 

過払い金請求を依頼する場合、請求額が140万円以下であれば司法書士や弁護士が対応できますが、これを超える場合は弁護士でなければ対応できません。

 

利用する裁判所も140万円以下は簡易裁判所、これを超える場合は地方裁判所になります。
地方裁判所の方が出席者の制限があり、費用がかかることから金融業者はこれを嫌がるので有利になります。

 

1社当たりの請求額が140万円以下であっても、他社との合計が140万円を超えていればまとめて請求すれば地方裁判所を利用できます。